フライヤー印刷物が主にどのようなシーンで活用されているかを紹介します

ニュース一覧

チラシを作成する

印刷機

初心者が知っておくことは

フライヤー印刷をする場合には、まず最初に打ち合わせを必要としています。フライヤー印刷の業者は、いったいどのような印刷物をしたらよいかわからないため、顧客からフライヤー印刷に関するヒアリングを行ってきます。この時フライヤー印刷業者は、ある程度具体的な提案をしてくれるでしょう。おおむねマニュアルがありますので、それに沿って行えば両者とも混乱することはありません。もしこの段階で、お互い要望にそれないようならば、契約が成立しない形になります。しかし要望に沿えると判断した場合には、フライヤー印刷の契約が成立すると考えてよいでしょう。印刷をする場合には、まず見本を出さなければいけません。たいていはデータで見本を業者に送ります。フライヤー印刷業者の方は、そのデータをもとに見本を作っていきます。当然その前段階で、どのような表紙にするかやどのような紙を使うか後はカラーにするのかモノクロにするのかなどを選択しなければいけません。その後見本ができあがり問題がなければそのまま本格的に印刷をすることになります。しかしたいていの場合何らかの問題がありますので修正を行っていくことになるでしょう。修正回数は業者によって定められており、最初の数回は無料で行ってくれる可能性もありますが、あまり回数が多いとお金を支払なければなくなります。なぜなら見本をそのために出さなければいけないからです。このようにして、印刷が完成してきます。