フライヤー印刷物が主にどのようなシーンで活用されているかを紹介します

ニュース一覧

両者の違い

インク

チラシとフライヤーの違いとは

我々の身の回りは、たくさんの印刷物であふれかえっています。印刷物にも色々な種類があり、パッと考えられるものに書籍や雑誌やチラシなどが挙げられます。一方インターネットが発達した影響で、電子書籍などのペーパーレス化が進んでいます。しかしながら、折り込みチラシのように、集客手段として手軽な紙媒体の印刷物は消えることはありません。ところで、数ある印刷物でも代表的なのがチラシですが、チラシ印刷とフライヤー印刷の違いについて疑問に感じている人も少なくありません。チラシ印刷もフライヤー印刷も同じようなものとして捉えている人も多いです。確かに両者の印刷方式や仕上がりはほとんど同じであります。しかし、両者は取り扱っている用紙のサイズや厚さという点で異なっているのです。チラシ印刷物の場合、薄い用紙のものを採用し、コート紙で68〜90kgのものを使う傾向です。サイズはA版ではA3〜A6、B版ではB4〜B6で対応しています。一方、フライヤー印刷ではチラシ印刷よりも厚めの紙を使い、サイズももう少し小さいものを使うことがあります。具体的にはコート紙で73〜135kgのものを利用し、サイズはA版ではA3〜A7、B版ではB4〜B7です。このようにフライヤー印刷の方が、チラシ印刷よりも一回り小さい用紙を使うことも少なくありません。ただし、これらは一般的な分類方法であり、各印刷会社によって定義が異なることがあります。そのため、フライヤー印刷を印刷会社に依頼するときは、サイズや用紙の厚さについて確認すると良いです。