フライヤー印刷物が主にどのようなシーンで活用されているかを紹介します

ニュース一覧

印刷機

画像データの取り扱い

フライヤー印刷で画像データを取り扱うときは、JPEG形式のデータを取り扱うことが多いです。また、画像データでは解像度が問題となることが多く、フライヤー印刷では相対解像度を重要視します。解像度に余裕があるデータを用意しておくと安心です。
インク

両者の違い

チラシ印刷とフライヤー印刷はほぼ同じようなイメージがありますが、一般的にはサイズや用紙の厚さによって分類されています。フライヤー印刷の方が、厚めの用紙を使い、さらにひと回り小さいサイズの用紙を使用するケースがあります。
印刷機

小ロットでも割安になるか

利用する場合、フライヤー印刷をどれくらいの価格で提供しているのか、あらかじめ印刷業者のサイトを確認して比較することが望ましいでしょう。割安となるクーポンやキャンペーンなどを確認し、納期に余裕を持たせて依頼することが良い結果になります。
印刷物

チラシを印刷してもらおう

フライヤー印刷をできる業者では用紙などの指定もすることができます。他にもカタログの印刷からマニュアル印刷まで可能なので非常に便利です。またポスティングにも対応するのでチラシを配布をするときに使い勝手が優れているでしょう。
印刷機

チラシを作成する

フライヤー印刷をする場合には、まず打ち合わせをスタートしてきます。その後細かい内容などを決めてデータを出してもらい、見本を作成する流れです。見本で問題がなければ、そのまま本格的に印刷をすることになるでしょう。

活用の仕方

フライヤー

多くの人に手に取ってもらう印刷物

一枚物印刷物として代表的なチラシ。インターネットで様々な情報を収集する人が増える中で、チラシは最も手軽な広告手段としての座を守っています。チラシと似たようなものにフライヤー印刷と呼ばれるものがあります。チラシというと新聞に折り込まれているチラシをイメージする人が多いかもしれません。一般的にチラシはサイズが大きめで、薄手の用紙を用いることが多いです。それに比べてフライヤー印刷は、厚めの用紙で、チラシよりも一回り小さいサイズの用紙を使っています。またフライヤー印刷では、上質紙や中質紙の表面にコーティングを施したコート紙を用いることが多いです。コート紙はインキの乗りが良く、仕上がりに対する再現性があるので使いやすいといわれています。もともとフライヤー印刷は、多くの人に手に取ってもらう目的で作成されます。そのため、ハンティング用やポスティング用として活用されることが多いです。また、ライブなどのイベント通知案内として、お店などのラックに置かれているケースも少なくありません。イベント通知以外にも、ショップの開店やキャンペーンの告知案内として、フライヤー印刷を作成する担当者もいます。このように、フライヤー印刷物は、幅広い目的で使われているのです。通知内容を分かりやすくデザインしているので、即効性の宣伝・告知効果が期待されています。フライヤー印刷は印刷業者に依頼して作成することが多いですが、チラシ印刷やフライヤー印刷を得意とする会社に依頼すると対応がスムーズです。さらに、どのような目的を作成するのか見極めておくと、高品質な印刷物に仕上がります。

人気記事

印刷機

画像データの取り扱い

フライヤー印刷で画像データを取り扱うときは、JPEG形式のデータを取り扱うことが多いです。また、画像データでは解像度が問題となることが多く、フライヤー印刷では相対解像度を重要視します。解像度に余裕があるデータを用意しておくと安心です。
インク

両者の違い

チラシ印刷とフライヤー印刷はほぼ同じようなイメージがありますが、一般的にはサイズや用紙の厚さによって分類されています。フライヤー印刷の方が、厚めの用紙を使い、さらにひと回り小さいサイズの用紙を使用するケースがあります。
印刷機

小ロットでも割安になるか

利用する場合、フライヤー印刷をどれくらいの価格で提供しているのか、あらかじめ印刷業者のサイトを確認して比較することが望ましいでしょう。割安となるクーポンやキャンペーンなどを確認し、納期に余裕を持たせて依頼することが良い結果になります。